捨てるに捨てれない毛皮はどうする?毛皮のリフォーム

着なくなった毛皮は今風のアイテムにリフォーム!

クローゼットの中に何年も眠っている毛皮、傷んでいるのかもよく分からないしデザインも古くて使いにくい…そんなときは、毛皮のリフォームで毛皮をよみがえらせてみてはいかがでしょうか。天然毛皮は実はとても再利用に適した素材、使い方によってはどんなに古い毛皮でもまるで新品の毛皮製品を購入したかのように新鮮なリフォームを行うことができます。
例えば一時期はやった毛皮のロングコートなどは今のファッション傾向や年代に合わず、なかなかコーディネートが難しい一品です。けれどコートの大きな生地面積を利用して毛皮を贅沢にあしらったバッグを作ったり、マフラーに仕立てたりそのアレンジ方法は無限大。ポイント使いの毛皮ははやりを抑えて若い女性でも気軽に扱うことができます。

リフォームするなら毛皮が硬化する前に

毛皮は手入れを丁寧に行っていれば、とても長い間その質感を損なうことなく、美しい姿を保ってくれる素材です。しかし、長年使用しないでクローゼットなどにしまいっぱなしにしてしまうと毛や皮に含まれている油分が参加したり毛皮自体が固くごわごわとした感触に変わってしまうことがあります。毛皮の寿命は一般的に20年と言われていますが、身に着けないで放置しているとその寿命もどんどん短くなってしまいます。
毛皮が傷んでダメになってしまってはどんなにリフォームしても再利用することはできません。大切な毛皮にハサミを入れるのはもったいないと思うかもしれませんが、再び活躍してもらうためにぜひお気に入りの毛皮をリフォームしてみませんか。

© Copyright Furs Brands. All Rights Reserved.